×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサードリンク

治験コーディネータ(CRC)とは

治験とは新薬や検査方法などの認可を得るために行われる臨床試験のことで、近年製薬業界ではジェネリック薬品の普及で先発品の市場が縮小する事などから、今までより多くの新薬を発売しなければならないという風潮になっています。治験コーディネータ(CRC)は製薬会社で今後発売する予定があり、効果、副作用などがまだ確定していない薬を、患者さんに服用してもらい、そのデータを提供してもらってフィードバックするなど、病院、製薬会社、患者の間に入って治験業務をスムーズに行う業務で、治験コーディネータ(CRC)は薬剤師の有資格者を対象に近年とても求人の増えている職種です。

薬剤師資格と治験コーディネータ(CRC)の求人

治験コーディネータ(CRC)の求人募集としては、基本的に治験コーディネータ(CRC)の経験者が求められているようです。 ですが、人材派遣の大手アデコキャリアスタッフやリクルートスタッフイングといった会社では常時治験コーディネーター(CRC)を募集していて、看護師や薬剤師、臨床検査技師など医療系の有資格者・経験者を治験コーディネータ(CRC)業務未経験者でも積極的に採用しています。まず短期間治験コーディネータ(CRC)の仕事を体験し、経験を積んで正社員の登用を探すというのもひとつの方法です。

治験コーディネータ(CRC)業務が未経験で治験コーディネーターを志望する場合、まずは派遣社員や契約社員として治験コーディネーターの経験を積むという方法が妥当でしょう。治験コーディネータ(CRC)の求人には派遣期間終了後、正社員や契約社員に採用される紹介予定派遣の案件も豊富です。

画像の説明

治験コーディネーターの求人募集を探すには、メディカル業界専門の人材派遣会社・人材登録会社にに登録することをおすすめします。メディカル業界に関しては派遣(紹介予定派遣)・人材紹介(正社員)両方の紹介をしているので、看護師や薬剤師・臨床検査技師など医療系の資格を活かして治験コーディネーターに転職したいという方はまずはメディカル業界専門の人材派遣会社に登録してみましょう。治験コーディネーター以外にも治験モニター、薬事申請、治験事務などの治験関連職種、または実験補助、研究開発、バイオ・生化学など研究開発職の求人案件が豊富ですので、薬剤師の資格や学生時代の研究・実験の経験が活かせる仕事がみつかるかもしれません。

スポンサードリンク